このサイトは医師によるサイトではありませんので、てんかんに関してはお近くの医療機関にご相談下さい

木曜日1月2日実家から引き上げてきた。両親の寂しそうな顔が・・・

31日、兄貴に乗せられて実家到着。両親の歓待を受ける。すぐに練れるように布団を敷く。夕食はたらとカキの寄せ鍋にカニ。

1日、6:30くらいに玄関の除雪機の音で目が覚める。母親が除雪を始めるところだったので急いで着替えて俺も大きな機械を出そうと下に行くと隣の旦那さんと母がなにやら話をしている。

その後テレビを見たり談笑したり、今回ムスメがよく働く。ちょっと安心。

この日の午前は兄貴が本家へ、俺は午後、組合の集まりに出かけた。組合の方はそれほど重大なことではなく、ようは余った金とヘリ防除の予算の付け方の説明だった。

その後の新年交賀会は昨年の不幸続きにより欠席します・・・とYさんに伝えて帰宅。おふくろのクルマに走っていったら助手席から突然男性が!

ギョッとしたら近所の同級生のオヤジ。

2日、今日は6:00に目覚ましで起き、ゆきはらい。

午前中に雪払い機械のオーガの安全ピンを回す工具を俺の財産の中から探して配置。

母から昼は何食う?っと聞かれたので、残ったら困るものを食おうと提案。

2時過ぎに兄と俺とムスメと3人帰る。帰り際におふくろが

「正月が行ってしまうなぁ」

っと寂しそうに笑う。見えなくなるまで手を振ってた。