このサイトは医師によるサイトではありませんので、てんかんに関してはお近くの医療機関にご相談下さい

12月8日日曜日電気工事士実技試験の日。義父の葬儀で大騒ぎの1週間

久々の日記になるなぁ。義父が亡くなったのはちょうど一週間前の日曜日だった。

ほぼ一発本番になった

ちょうど先週から実技の練習を始めたばかりにお義父さんの訃報

その後ニョウボの実家に泊まりっぱなしで通夜、入棺、火葬、葬儀納骨と気が付けば木曜日。

それでもニョウボが木曜の午後に帰るのであれば(俺は今運転免許がないので)

「金曜日一日でもポリテクで実技の練習ができるか?」

っとほくそ笑んでいたが・・・そうもいかず、結局帰ってきたのは金曜日の午後。で、この日はニョウボが

「今日はカレー食べたい」

要は俺に晩飯作って欲しいっということなので(まぁ後片付けも大変なのでキモチはわかる)俺が晩メシ担当。

複線図描画能力強化作戦

で、明けて土曜日。

本日はポリテクは休みなので、複線図の練習に特化してたった一日だが特訓を行うことにした。

いつもの図書館に11時ごろ行き、13の画題を書いたり電線の長さをチェックしたりわからない部分をチェックしたりした。

気が付けば学習室を使える夕方5時30分を迎えていたので帰宅。帰りにスーパーで野菜や肉を買って帰る。

緊張で腰の筋肉が

入念にバス時間などを調べて、いざ出発。

朝、ちょうど空いてる座席があったので座っていると杖をついたちょうど私と同じくらいの年齢の人が電車に乗り込んできたのできたので譲ったが

他の周りの人たちも譲ろうとしていた。車内はいい感じ。

岩手大学に到着し、学科試験と同じ建物に向かう。バスの時からポリテクに行くとき同じバスに乗る講師の人と偶然一緒になった。

今回は職員の人たちの段取りが悪い?建物を間違ったり2階に送られたり3階に送られたりその反対だったり・・・

もうちょいしっかりしてもらわんとなぁ

試験開始後ガッチガチに

たった40分なので急いでやらなきゃいけないのだが

先ず複線図、器具を並べる、ケーブルを切って並べる被覆を剝く、器具と結線する、コネクタやスリーブで結線する

この手順をしっかり繋いでいこうと思っていた。が、いざ作業していると周りの物音からすると俺はどうやら

遅れてる?

そんな感じがする。試験終了時刻は12:10だが時計を見ると

12:00

「えッ!?もうそんな時間?」

ますますあせってきたがしょうがない。ミスれば更に時間がなくなるだけ。ミスをしないようにできる限りチェックできることはチェックしながらしっかり見てやる。

暑くて汗をかいてきたので上着を二枚脱ぐ。もうココ何十年も感じたことない緊張感と必死さで試験途中からなぜか?

腰周りの筋肉が痛みだす!

それでも何とか課題をクリア!ホッと一安心。危なかったぁ~

ポリテク仲間と会った

試験前には背の小さい電気の講師?と五十嵐さん。帰りに黒縁メガネのクールさんと岡ちゃん。

セブンイレブンでトイレを拝借し、今回は帰りのバス乗り場もわかっているのでそっちへGO

ちょうどバスが来ていたので急いで乗り込む。

んッ!?県北バス!?

降車はいつもと反対の西口だった。

おふくろの電話が充電しない?

帰宅し途中買ってきた菓子パンなど食べて

欠礼のはがきの裏面をワードで作り

この日記などを書いていたら固定電話に電話。

ニョウボは寝ているので俺が出るとおふくろだった。

携帯電話が充電しないらしい。その場に行ってみればいいのだがそうもいかない。

とりあえずテーブルタップではなく壁面のコンセントに充電器を差し込むようにアドバイス。

今日は疲れたなぁ