このサイトは医師によるサイトではありませんので、てんかんに関してはお近くの医療機関にご相談下さい

治らない腰痛は無い!“速攻”で痛みから解き放たれるその方法見~ぃつけた!?

“腰痛”ほど痛みの原因があいまいでハッキリとした治療方法が無い病気もないですよね。

こんなに痛いのに・・・・腰痛の病名は全部こじつけ?

代表的なのは“ぎっくり腰”ですかね?その病態を表すのにこんなにわかりやすい病名としては最高レベルだと思います(爆

ぎっくり腰やすべり症、脊柱管狭窄症にしても痛みが伴うという事は、どこかの神経が刺激されていることは間違いないんでしょうね。でも逆に神経への刺激さえなくなれば骨格がどうであれ・・・

速攻で痛みは無くなるそうです。

ただ不思議なのはなぜ?こんなに痛いのに各種画像にその痛みを発生させるような痕跡が写らないのか?ですよね。その理由は背骨の仕組みを見るとわかるような気がします。

この画像は“脊髄外科ジャーナル”よりお借りした画像ですが背骨って意外にもこんなに複雑な作りなんですね。いくつもの小さな関節や靱帯によって構成されているのがこの画像からよくわかります。

大きな椎体と椎体の間にある椎間板だけではなく、背中側にはね出している小さな角のような小さな骨の靱帯や関節を傷めただけでも痛みが出るでしょうね。

そういえば整形外科の先生が「ぎっくり腰の原因を探ろうとすると大変な時間と検査が必要になるんです」って言ってました。

骨格は加齢と共に変って当然!

先日病院でMRI画像を撮影してもらったところ腰椎と腰椎の間の“椎間板”の色がグレーっぽい色になっているので「コレは何ですか?」っとお聞きしたところ

通常は真っ白に写るが加齢と共に段々グレーっぽくなるのだとか。

だからと言ってそれが急にヘルニアを起こしたり他の痛みの原因になったりしないので大丈夫ですよとのこと。しかし以前もMRIなどを駆使しても原因のわからない痛みに困り果てたこともありましたし

その痛みがある日突然無くなったこともありました。なぜこんなことがあるのか?

治る分には一向に構いませんが(笑)治らないと本当に困ります。

「ネット上に何か無いか・・・」

っと思ってアレコレググッてみて見つけたのが

“中川式腰痛治療法”でした

中川式腰痛治療法

コレ、すんごい魅力的じゃないですか?

この先生の経歴、生半可じゃないですよね。そういえばジャンボ尾崎さんって一頃だいぶ腰痛で悩んでたことありましたよね。

試してみたいです。