このサイトは医師によるサイトではありませんので、てんかんに関してはお近くの医療機関にご相談下さい

後日脳波を取る技術者の言葉に絶句!発作中でなくてもわかる

最初の発作から10日後くらいに脳波を取ることになった。しかしオレは・・・

自分の運転で病院に来てしまった

あの日から自動車の運転に“ドクターストップ”がかかっていたが、あいにく妻は自動車の運転を極端に嫌う上に勤務先はマイカー通勤じゃないととてもじゃないが通えないようなトコ。しかも勤務先では重機も使う

とてもじゃないが運転免許無しでいられない

「どうせまだハッキリとてんかんだと決まったわけでもないし」

などと自分に甘い考えのままあの日以前とすっかり同じ生活を送っていた。

発作が起きていないのに脳波に出るのか?

てんかんの疑いが強いとは言えまだてんかんと診断されたわけではない。だいいちオレは生まれてからてんかんとか他の病気も何も無かった。50歳にもなってからてんかん?そんなバカな・・・

そう思いながら検査後脳波のデータを採取した技師の方に

オレ:「担当医でもないあなたには答えられないかもしれないけど技師としてどうですか。僕はてんかんだと思いますか?」っと聞いてみた。たぶん答えないだろうと思っていたが

技術者「・・・たぶん・・・てんかんですね。そういう波形が出ています」

オレ:「・・・・」

チョッとショックを受けながらこの日は脳波の検査だけなのでこのまま帰宅。もちろん自分で運転してきた車で。

医者にも言われた

それから3~4日経ってから若い神経内科の女医(偶然だが救急搬送された時に処置をしてくれた先生)から「てんかんですね。脳波にも出ています。まぁ後日もう一度撮ってみますけど」と宣告されてしまった。

僕が「発作が起きていない平時の脳波でてんかんかどうかわかるんですか?」っと言うと先生は「わかります」っとキッパリ言う。てんかん患者には普段から特有の波形があるらしく、先日撮ったオレの脳波にそういう波形が見られるらしいのだ。この時点でオレは完全に

“てんかん持ち”

になってしまった。そしてその日も診察終了後、禁止されている自分の運転で帰る。本日処方されたお薬はバルプロ酸Na

それにしてもなぜこんなに、ある意味堂々と自動車を運転できているのか?っというと

自分のてんかんのタイプを調べてみたら

てんかんには色々タイプがありながら大きくは

  • 全般てんかん
  • 部分てんかん

の2つに分けられるらしく、てんかんの発作の発生の仕方で原因となる場所やタイプがわかるようですが、僕の場合はどうやら

  • 全般型

っという所見だったようです。救急車で運ばれてきた時間(深夜)、泡を吹きながら強く硬直してエビ反りながらビックンビックンいう発作などは“全般型”の特徴らしく、実際処方されたお薬も“バルブロ酸Na”。このお薬も全般型のてんかんによく効くとされるお薬のようでした。で、この全般型の特徴に

発作の発生時刻は夜が多い

という傾向があるようで「じゃ昼間は大丈夫?」っというこれまた自分に都合のいい理由で運転していたわけです。まぁコレが結局後々事件を引き起こしてくるわけですが・・・