このサイトは医師によるサイトではありませんので、てんかんに関してはお近くの医療機関にご相談下さい

輸入タイヤ外国メーカーのタイヤを使ってみた感想がレビュー通りだった件

最近軽だと4本で1万円くらいの安いタイヤ売ってるけど大丈夫なのかな・・・・

って思っている人も多いと思います。自動車のタイヤってオイル交換と同様で何気に大変な出費を要する消耗部品ですよね。最近はメーカー純正でも扁平タイヤが装着されるような時代になったのはいいですが、4本で15万円?

この記事では最近広く出回るようになった外国製のタイヤについて自分の体験も交えて書いてみました。

外国製タイヤは不安?

輸入タイヤや外国製タイヤの使用を不安に感じる理由はやっぱり品質ですよね。私の勤務先には外国から自動車関係のお客様がよく来るので、実際はどうなのか聞いてみました。

日本はAランク

タイヤメーカーでは生産後品質検査でA~D程度までタイヤをランク分けするんだそうです。そしてAランクは欧米などの先進国へ、以降は発展途上国へ輸出されるんだそうです。

そんな中で日本へ入ってくるのは間違いなくAランクのタイヤだそうです。

欧米では普通に使われている

日本で言う外国タイヤって珍しい部類になりますが、アメリカなどでは普通に使われていて、決して珍しいタイヤではないんだそうです。

日本で言う外国メーカーのタイヤでも海外の自動車メーカーでは純正採用されているらしいです。まぁ当然か。

実際に使ってみた

実際に私、RV車で使ったことがあります。最初は不安もありましたが走り出したら不安な気持ちはスグになくなりました。

静かでカーブでのグリップ力も良し。一番良かったのはタイヤが減らなかったことです。

ホイールへの組み付けも自分で行ったのですがバランスをとっていないにもかかわらず高速道路での100km/h超の速度で走行しても振動が無いのにも驚きました。

まとめ

私たちは何となくmade in japanがNo1のような気がしているのではないでしょうか?でも実際に使用してみるといい意味で予想を裏切られた感じです。

オイルやタイヤなんてしょせんは消耗品です。消耗品は安くおさえるのが生きていく上では何事にも肝心なこと。

こういったものはどんどん積極的に使用していくのがかしこいカーライフといえるのではないか?

今回の経験でそんなふうに感じました。